余白一括の削除マクロ(TRIM) - コピペでVBA(Excel)

こちらの記事はエクセルVBAをあまり知らない方でも利用できる「コピペでVBA(Excel)」としてもご活用できます。詳しくはこちらをご確認ください。

「コピペでVBA(Excel)」の概要と使い方
「コピペでVBA(Excel)」の概要と使い方
「コピペでVBA(Excel)」とは? エクセルVBAの知識がない人でもコードをコピペするだけで便利な処理が使えることを目指しています。汎用性のありそうなコードを順次公開
2018-02-12 14:00
はてブ

このマクロの解説

選択範囲の文字列の余白を一括で取り除けます。余白とは文字の前後の空白のことです。文字と文字の間の空白は取り除かれません。

このマクロのコード

Private Sub trim()   
    Dim c As Range
    For Each c In Selection
        c = WorksheetFunction.trim(c)
    Next c
End Sub

※コードをコピーする時は、右上のアイコンをクリックしてください

このマクロを使う理由

TRIM関数を使えば関数でも解決できますが、選択範囲に対して処理をしたい時はマクロのほうが便利です。また、ほかのセルに書き込みたくない場合などもマクロだと簡単に対応できます。

プラスワン

ついでにセル内改行を削除したい場合はCLEAN関数を利用します。

Private Sub trim()   
    Dim c As Range
    For Each c In Selection
        c = WorksheetFunction.trim(c)
        c = WorksheetFunction.Clean(c)
    Next c
End Sub

※コードをコピーする時は、右上のアイコンをクリックしてください

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする